偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ギョーザ中毒 中国当局 今度ばかりは日本のせいに出来ず  

事件発覚当初、日本の過熱報道ぶりを非難していた中国当局も、トーンダウンせざる得ない状況に追い込まれた。

新たに見つかった有毒物質の中に、日本国内では10年以上前から農薬に使用されていないベンゼンが含まれていることが発覚。

混入は中国か日本のふたつにひとつである。

これでほぼ100パーセント、中国側の責任であると断定してよかろう。

中国検疫当局が、「少数の過激分子の犯行」と示唆したことからもわかるように、徐々に軌道修正を行っている模様だ。

中国ネットで、日本人犯行説などが唱えられ、相変わらずの反日ぶりであったが、これで収束の方向に向かわざるをえないだろう。

昨年の鉛入り玩具でのアメリカへの対応と違い、今回の中国側の対応は非常に迅速で、発言も慎重であった。

今夏に北京五輪を控え、世界中にこの問題が波及するのを恐れたのと同時に、天洋食品のトラブルも視野に入っていたと強く推認される。

注目点は、中国当局が示唆するような過激分子による犯行であれ、製造過程の不注意であれ、これは中国の構造的問題である。

これは中国人の気質に根ざしているのであって、例え中国共産党が崩壊しても克服することは困難であろう。


最後に、今後の中国製品に対する日本の動向を予想させる映像です。

今回の中国当局の素早い行動と静けさの理由が良く理解できます。

チャイナフリーを伝えるNHKニュース
http://www.youtube.com/watch?v=eBDKSl_dqA4

関連記事

category: 中国問題

thread: 食に関するニュース - janre: ニュース

tag: ギョーザ中毒  中国 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://news23station.blog122.fc2.com/tb.php/80-e981fb8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。