偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

レーシック体験記Ⅱ~葛藤編(品川近視クリニック)  

さてさて前回の続きです。

勢いで品川近視クリニックのアマリスZレーシックを受けることを決定し、手術予定日の予約まで入れてしまった私。

後でホントにこれでいいのって悩むのがいつものパターン。


でもって他のレーシックやってる眼科クリニックを調べてみる。

するとZレーシックではなくiLASIKがレーシックの主流だそうな。

しかも神戸クリニックのホムペではアマリスよりiLASIKが優れていると書いているじゃないか!

神戸クリニック
「アイレーシック(iLASIK)とZレーシックの違いについて」
http://www.kobeclinic.com/ophthalmic-treatment/ilasik/ilasik_zlasik.html#ilasik_zlasik_3


品川近視クリニックのホムペではiLASIKよりZレーシックの方が安全だと主張しているし、どっちがホントか素人の私が動揺するのは当然です。

品川近視クリニック
5次元アイトラッキング搭載アマリス Zレーシック
http://www.shinagawa-lasik.com/amaris/z.html



確かに神戸クリニックのフラップ作成用レーザーの比較上、症例数が200万対15万とiLASIKが圧勝です。

又使用機器であるiLASIKのイントラレースが厚生労働省の認可を受けているのに対し、ZレーシックのフェムトLDVは認可を受けていません。

更に体験談に出てくる神戸クリニックのスポーツ選手の数が圧倒的なんです。


この時点で高価でも神戸にすれば良かったと後悔が生じたのは確かです。

実際品川をキャンセルして再度神戸で事前検査しようかと思っていました。

それからはネットサーフィンの日々。


それと品川近視クリニックにメール相談もしました。

で得た結論は当初の予定通り、アマリスZレーシックで受けることでした。


理由は以下の通り

①症例数が多く、有名人の治療実績があり、眼科専門医が在籍するクリニックならリスクは変わらないと判断。

②フェムトLDVは厚生労働省の認可は受けてないが、アメリカ食品医薬品局(FDA)の承認医療機器であること。

一般論として日本の医療行政は慎重で認可に時間がかかる。だから厚生労働省の認可がないから安全でないとは言い難い。

特に疑っている点は、AMO社のエキシマレーザースター S4 IR(Star S4 IR)はアメリカ製で、SCHWIND社のエキシマレーザー「アマリス」はスイス製であること。

アメリカ製がNASA公認であることは当然で、日本で認可が遅れているのはアメリカとスイスの日本に対する影響力の違いかもしれないと疑ったこと(これは私の邪推に近いことかもしれません。はっきりした証拠はありません)

③エキシマレーザーの照射時間が長いほど過矯正のリスクが高まる。

アマリスが約5秒に対しビジックスS4は約40秒。

※なおネットで調べた限り、ビジックスS4=Star S4 IR

照射時間に関しては神奈川クリニックのコンチェルトが約5秒でアマリスと同じ。

※iLASIKもZレーシックもフラップ作成用と角膜照射用(エキシマレーザー)の2種類のレーザーを使用します。

しかしながら素人の私はその2つを混同してしまって、両クリニックの説明で何故評価が違うのかしばらく気付きませんでした。

つまり両クリニックとも2種類のうち優れている方のレーザーを強調しているわけで、一長一短だと私なりに判断しました。


④治療実績に一桁の差があるのは、ZレーシックがiLASIKより後発であるのと、アメリカ製だからの2つの理由があると考えるに至った。

又品川近視クリニックは国内で唯一iLASIKとZレーシックの両方の施術を行っており、比較するデータを多く持っている。

他のクリニックとの差別化やコスト面でZレーシックを勧めている感は否めないが、2種類の施術方法を行っている品川近視クリニック以外のクリニックが、iLASIKがZレーシックより優れていると評価するのはどうかと思った。

⑤老眼はiLASIKでもZレーシックでも関係ない。

老眼は毛様体の問題で角膜の屈折矯正をするレーシックとは無関係。

またモノビジョン法や目標視力を抑えることで近くを見え易くする方法もあるらしいが、満足した見え方がするかどうかは、手術後に本人にしか分からずリスクが高い。

現在メガネやコンタクトで近くが見えにくい人は、レーシックで同じ状態が裸眼で再現されるわけで問題ない。

むしろ折角手術したのに裸眼で遠くが見えない方がショックだと思う。



長々と書いてきましたが、複数のクリニックで複数の施術方法を経験した人は居ません。

一度施術したら二度目は通常ないからです(十分な視力を得られず再手術はありえます)

どこの院でどんなレーシックを受けるのが良いかとの判断は、最新設備を備え眼科専門医が在籍する美容系の眼科クリニック又は病院で受ける限り、断定的なことは言えないということです。


従いまして、私が品川近視クリニックで受けるからといって、それがベストかどうか分かりません。

神戸クリニックや神奈川クリニック・錦糸眼科がいいかもしれません。

あるいは一般の病院がベストと言えるかもしれません。


なので私の経験談は参考に留めて頂きたいと最後に申し上げます。


続きの経験談は施術後の3/19以降に書きたいと思います(当日はPC禁止です。又1週間程度は目を酷使しないのが無難だそうです)


最後に品川近視クリニックでの術前のカウセリング動画がありますので、ご参考までに。

[特集]連載企画:プロサーファーの視力矯正手術に密着!! part.1(事前検診)
http://www.namiaru.tv/news/?page_id=1554

関連記事

category: レーシック

thread: 美容・健康・アンチエイジング - janre: ヘルス・ダイエット

tag: レーシック 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://news23station.blog122.fc2.com/tb.php/374-56d8cb6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。