偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

国の借金を家計に例えると・・・  

ネットで<10年度予算>年収373万円の家計に例えると…という、毎日新聞発の面白い記事を見つけました。

以下全文引用します。

<10年度予算>年収373万円の家計に例えると…
12月25日19時34分配信 毎日新聞

 10年度の政府予算案をハトヤマユキオさん宅の家計に例えると--。

 相変わらずの不景気で、会社から来年度の年収(税収)は今年度並みの373万円だと告げられた。そろそろ景気が回復するはずだと、07年度の稼ぎ(511万円)ぐらいに戻らないかと期待していたが、無理だった。

 仕方がないので、6万円かけて行くつもりだった家族旅行(高速道路無料化)を1万円に削ることにした。でも、年老いた親の介護や子供たちの医療費など(社会保障費)は増える一方で、今年度より24万円多い272万円かかりそうだ。子どもたちに約束した小遣い(子ども手当)は17万円。年収が増えなくても、約束は守りたい。これまでのローン返済(国債費)に使う206万円と合わせると、来年度の出費は922万円になる。

 年収との差額、549万円を埋めようと、銀行で追加融資(新規国債発行)を頼んだが、443万円借りるのが精いっぱいだった。これで、ローンの残高は累計で6370万円程度と年収の17倍に達する。

 銀行員からは「これ以上借りるなら金利を上げます」と言われ、背筋が凍った。足りない分は押し入れの中の家財道具などを売って(埋蔵金などの税外収入)106万円を工面した。もう、ろくな家財は残っていない。景気の回復を祈るハトヤマさんだった。【宮島寛】

YAHOOニュースより引用



国家予算を家計に例えて説明するこの手の話、毎日に限らずニュースでよく聞きますね。

自分に置き換えて考えられるからとっても分り易い。

しかし分り易く単純化した話ほど、眉に唾をして聞く必要がある。

「国民一人当たりの借金600万」
「コンクリートから人へ」

先ず国家と一般家庭は全然成り立ちが違うということを無視してはいけない。

国家は個人と違って永久に存続することを前提にしている。

そして通貨発行権や課税権を有する。

つまり自国通貨建てで国債を発行する限り青天井なのである。

ここが個人や企業・地方自治体との決定的な違いだ。

従って国がいくら借金しようがデフォルトにはならない。

ロシアやアルゼンチンが債務不履行に陥ったのは、外国通貨建て(ドル建て)の借金だったから。

日本の国債の保有者の94%は日本人であって外国人の保有者は僅か6%。

しかも100%円建て。

故に日本政府は借金まみれで、このまま借金を続けると財政破綻するというのは嘘である。

現にジンバブエは破産していない。

理由はジンバブエの借金は全てジンバブエドル建てだったから。

ただ無節操に国債を発行すると、インフレーションを引き起こす為、当然限度はある。

けれど日本はハイパーデフレーションと呼びたくなるような状況。

よってインフレーションを心配する前に、デフレスパイラルに歯止めをかけることを第一に考えるべきです。


また国の借金を国民一人当たりに換算する例えも妙です。

国債の保有者の94%は日本人です。

従って「国民一人当たりの政府に対する債権は600万円」と表現してもらいたい。


それともうひとつマスコミがよく垂れ流す嘘があって、「将来の子供達に借金を押し付けることになる」という表現があるが、国債は償還期限が来たら繰り延べるのが世の常。

世界中どこを見回しても、増税して国債の返済に充てた例はない。

従って「将来の子供が働いて借金を返す」なんてことは、未来永劫ありえない。

将来国債の償還期限が来たら、将来の子供達は「繰り延べ」するんです。

人間に寿命はあるが、国家は永遠に続く。

それだけのこと。



それから最後に、「どうせ年金財政は将来破綻するんだらか支払いたくない」と言う人が居ますが、それは間違いです。

年金は国民の国に対する債権でありしかも円建てだから、日本政府が地上から消滅しない限り支払われます。


参考書籍日本経済を凋落させた七人

category: 経済問題

thread: 政治・経済・社会問題なんでも - janre: 政治・経済

tag: 国の借金  家計 
tb: 0   cm: 2

コメント

■鳩山予算案 恒久財源なき公約危うい-来年の大学受験生はだれも合格せずとマスコミが言い?!

こんにちは。過去に自民党に対しても、愚かな批判を繰り返してきた、マスコミが鳩山予算案について、また愚かなことを言っています。日本は、実は財源的にはかなり恵まれています。このようなマスコミにのせられている、今の日本は、一昔前の私の同級生の女の子の家庭のようです。この女の子、医大を受験しましたが、受験直後に涙をためて、「落ちた」と語っていました。しかし、現実にはトップ合格です。とにかく、日本は財政的に問題があるという考え方は、完全に間違いでこれは、10年以上前から、リチャード・クー氏がバランス・シート不況として語っていたことです。なお、当時クー氏が、周りの人にBS不況について、話をして理解を示してくれた人は、麻生太郎、亀井静香、中曽根康夫の三氏のみだったそうです。最近では、経済評論家の三橋貴明さんが、本当にわかりやすく解説しています。ここに書くと本当に長くなってしまいます。私のブログもこれをわかっていただきたく、相当長くなってしまいしましたが、他意はありません。詳細につきましては、ここに書くと本当に長くなってしまいますので、是非私のブログをご覧になってください。

yutakarlson #.BcbyNME | URL
2009/12/27 17:58 | edit

Re: ■鳩山予算案 恒久財源なき公約危うい-来年の大学受験生はだれも合格せずとマスコミが言い?!

コメント有難うございます。
yutakarlsonさんの仰る通り、日本の民間企業は負債を減らし続け新規投資が抑制的な、バランスシート不況です。
批判はされているが現政権では、亀井静香氏に希望を託すしかないと思っています。
鳩山も藤井も皆経済音痴で、来年の日本はかなりヤバイ。
生活者第一が売りの政権のはずが、事業仕分けなど真逆の行動を取っていることがその象徴です。
今一番大切なのは、日本経済をターゲットを設けてインフレに導く政策です。

追伸
御ブログ記事のURLを補足させて頂きます。
http://yutakarlson.blogspot.com/2009/12/blog-post_26.html

古舘一郎 #- | URL
2009/12/30 21:48 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://news23station.blog122.fc2.com/tb.php/359-5bffafb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。