偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

フィリピン人一家強制退去、国家として当然じゃないの?  

法務省入国管理局が下したフィリピン人一家強制退去処分の件で、テレビ・新聞メディアで異論が続出している。

しかし異論を唱える主張は偽善であって承服しがたい。

毎日新聞社説:カルデロンさん 親子在留を許すべきケースだ

強制退去処分を受けた日本生まれのフィリピン人、カルデロンのり子さんと母親サラさんの仮放免期限が16日に迫った。先に父親アランさんを強制収容した東京入国管理局は、「両親が自主的に帰国する意思を表明すればのり子さんの在留を認め、表明しなければ3人とも強制送還する」と通知している。入管当局なりの妥協案かもしれないが、脅しとも映る対応を潔しとしない。諸事情を勘案し、一家に在留特別許可を与えるべきケースではないか。

続き・・・



朝日新聞社説 フィリピン家族―森法相はここで英断を

一家は埼玉県蕨市で暮らしている。36歳の夫は、内装解体会社で後輩に仕事を教える立場になった。38歳の妻は専業主婦。13歳の娘は、音楽の部活動に打ち込む中学1年生だ。

 どこにでもいそうな3人家族。フィリピン人のカルデロン一家である。

 一家は17日に強制送還されるかもしれない。両親が90年代前半に、それぞれ偽造旅券を使って入国したからだ。

 妻は06年に不法在留で逮捕され、執行猶予付きの有罪となった。昨年9月には一家の国外退去処分が確定した。

 退去処分になっても、家族の事情や人道的配慮から法相が滞在を認める制度がある。この在留特別許可を一家は求めたが、認められなかった。

 法務省の姿勢はこうだ。極めて悪質な不正入国だ。十数年滞在した事実はあるが、ほかの不法滞在者への影響を考えると厳格な処分で臨むべきだ。裁判所も退去処分を認めている。

 法律論はその通りだ。だが、だからといって子どもの幸福をないがしろにしていいわけはない。

続き・・・



いずれの社説も簡単に要約すれば、当該フィリピン人一家は地域社会に溶け込んでいる善良な家族であり、特別在留許可を与えよと主張している。

日本に不正パスポートで入国をしたことを除けば、犯罪を犯さず善良な市民として生活してきた外国人を、13年以上も経ってから、国外強制退去処分にするのはあまりに酷な話である。

個々のケースで判断するなら、特にTBSが熱心なのだが、カルデロン一家に温情的な処置を考えるのは当然かもしれない。

そんな時、経済学用語の「合成の誤謬」が頭に浮かんだ。

一人一人の行動としては、「善」であることを、皆が行うと社会的に誤った行動になる。これを「合成の誤謬」というのです。

集英社新書WEBコラム 辛坊治郎「合成の誤謬(ごびゅう)」より引用



つまり毎日や朝日の社説は、カルデロンさん一家の幸福のり子さんの子供の福祉についてはよく考えているが、日本国民全体の福祉については解釈に誤りがある。

公正な立場であるべき新聞社の社説として、非常に偏っていて稚拙なのである。

統計上11万人といわれる不法残留外国人の善悪をどうやって判断すれば良いのか?

一つの例外を認めれば堰を切ったように特別在留許可を与えねばならず、治安悪化や生活保護の悪用による社会福祉行政への圧迫など、現在ある社会全体の問題を一層悪化させるのではないか?

産経新聞【主張】フィリピン人一家 同情と法の運用は別問題

森英介法相は、のり子さんのみの在留を認め、両親はいったん帰国し、日本に1人で残ったのり子さんに会うために短期間の再入国許可を出すと表明するなど、最大限の配慮も見せている。

 のり子さんは「3人一緒に日本に残りたい」と涙ながらに訴える。その気持ちは、痛いほど理解できる。同情もしたい。のり子さんには何の責任もない。

 しかし、両親は偽造旅券という悪質な手口で入国した。日本に不法入国する外国人は、年間約11万人いるといわれる。年々減少はしているが、日本は欧米に比べまだまだ、入国管理が緩やかだとする指摘もある。

 温情を優先するあまり、あしき前例をつくるのはまた問題だ。違法を見逃した場合、それがアリの一穴となり犯罪を呼び込むことにもなりかねない。

産経新聞から一部引用



読売新聞も朝日・毎日と似たり寄ったりの意見であり、まともなのは産経新聞だけ。

蕨市議会が在留特別許可を求める意見書を採択し、2万人を超す住民らが法務省への嘆願書に署名したと報じられている。

こういった一見善なる行動にも疑問の目を向けることこそが、社会の公器としての新聞の役割ではないか?

そうでなければ単なるポピュリズムのそしりを免れない。
関連記事

category: 社会ニュース

thread: 社会 - janre: 政治・経済

tag: フィリピン人一家  カルデロン  のり子 
tb: 0   cm: 2

コメント

私もニュースを見ていて同じ印象を受けました。
彼らが日本でいかなる暮らしをしてきたとしても、不法滞在していた事実に変わりはなく、簡単に認めてしまう訳にはいかないのは、誰の目にも明らかです。
ここで在留許可の判例を示してしまえば、同じ件が殺到してしまいます。

毎日・朝日の思惑が見えるような気がしますね。

news #- | URL
2009/04/03 02:26 | edit

コメント有難うございます!

相変わらず世論を盛り上げようと、朝日・毎日は必死のキャンペーンを行っています。

でも良識ある国民は、そんなお涙頂戴の茶番には騙されません。

古館一郎 #- | URL
2009/04/15 22:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://news23station.blog122.fc2.com/tb.php/310-00c075b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。