偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自民党党役員人事決定!  

先ほど(9/24昼)のニュース自民党党役員人事が報道されました。

福田氏の総裁就任を決定付けたキーパーソンが就任しており、どう考えても論功行賞人事でしょう。

安倍政権発足時に論功行賞内閣と批判した各新聞テレビの今後の報道に要注目です。

しかしこの人選の中で特に心配なのは古賀氏と二階氏ですね。

人権擁護法案の急先鋒である古賀氏と二階氏の重要ポストへの登用が、日本の将来に暗雲をもたらさないよう願うのみです。

下記産経新聞の記事をご参照下さい。

与党人権問題懇話会を30日に再開 人権擁護法案で古賀氏ら(産経・8/29)

 杉浦正健法相は28日、自民党内で賛否が分かれている人権擁護法案について、法案推進派古賀誠元幹事長二階俊博経済産業相らと党本部で会談し、自民、公明両党による「与党人権問題懇話会」を30日に開き、法務省が大幅修正した案を提示することで一致した。

 法務省は外国人の人権擁護委員就任を規制する国籍条項を設けることで反対派に配慮し、来年の通常国会での法案提出を念頭に検討を進める考えだ。しかし、新首相就任が確実視される安倍晋三官房長官は同法案に反対してきた経緯があり、曲折が予想される。

 同法案の原案は人権侵害の定義があいまいで、新設の人権委員会が令状なしに捜査、押収できるなど権限が強大すぎると批判されたほか、メディア規制に関する条項への反発もあった。このため当時、与党懇話会幹部だった古賀、二階両氏は法案提出を断念していた。

関連記事

category: 自民党

thread: 政治のニュース - janre: ニュース

tag: 自民党総裁選  自民党  政治 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://news23station.blog122.fc2.com/tb.php/20-9ed208ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。