偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

民主党とマルチ商法~こんな政党を選挙で勝たしてはいけない  

民主党の前田議員がマルチ商法業界を擁護する国会質問をしていたと、最初に大きく取り上げたのは朝日新聞だった。


そして後続のメディアからも続々と、民主党マルチ商法業界との蜜月関係が暴露された。

この問題については徹底追求してもらいたい。

中山前国交相の発言を失言だとパッシングした山岡賢次国会対策委員長が今回は問題の当事者。


攻守交替ということです。

中山発言については賛否両論あろうが、この度の民主党のマルチ商法擁護は議論の余地無く「否」である。

受託収賄罪が成立するとかしないとか、マルチ商法が違法ではないとか、そういう問題ではない。


誰でも一度は知人・友人から勧誘を受けた経験があるだろう。

その経験からこのマルチ商法=ネットワークビジネスの反社会性は推して量るべし。

先ずもって知り合いに儲かっている人なんて見たことないし、下手すれば人間関係を破壊しかねない危険な商法である。


特定商取引法で認められているとはいえ極めてグレーゾーンにある業界。

このような灰色の業界を後ろ盾にしている民主党が、国民の生活を第一に考えているわけが無かろう。

言っていることとやっていることが全然違うのである。


民主党の支持母体には他にも、日教組や自治労など、国民を愚民化する教育を推進したり、業務怠慢で国民の年金を散逸したりする、反社会的組織がいる。

そして今度はマルチ業界との癒着。

更に民主党のマニフェストには、人権擁護法案・外国人参政権付与法案の推進と沖縄を一国二制度にする、などとある。


結局民主党自体が反社会的存在であって、国民の生活第一の看板に偽り有りと言ってよかろう。

試しに民主党に政権をやらしてみれば的なマスコミの軽々しい誘導に乗ってしまったら、国民にとって深刻な事態になることは間違いない。

category: 民主党

thread: 民主党 - janre: 政治・経済

tag: 民主党  マルチ商法 
tb: 0   cm: 1

年金記録改ざんは犯罪と鳩山幹事長~けど何か間違っていないか?  

鳩山幹事長“改ざんは犯罪”

10月05日19時29分

民主党の鳩山幹事長は、茨城県鹿嶋市で街頭演説し、厚生年金の記録の改ざん問題は「国民の安心を奪う犯罪だ」と批判したうえで、これを放置してきた政治家と官僚の甘い関係を断ち切るため次の衆議院選挙で政権交代を実現したいと強調しました。

この中で、鳩山幹事長は、厚生年金の記録の改ざん問題について「当初、国は『消された年金』を1件だけしか認めていなかったが、その後、6万9000件に膨れ上がった。それも氷山の一角だろうと思っていたら、やはり100万件を超えるケースで改ざんが疑われるまでになった」と述べました。そのうえで、鳩山氏は「厚生労働省や社会保険庁による国民の安心を奪う犯罪だ。これを放置してきた今の政権を倒し、政治家と官僚の甘い関係を断ち切らなければならない」と強調しました。

NHKニュースより引用


確かに鳩山幹事長の仰るとおり、年金記録の改ざんは「国民の安心を奪う犯罪」です。

だけどちょっと待ってください。

その国民の安心を奪う犯罪を行ったのは社保庁職員。

社会保険庁職員=全国社会保険職員労働組合=全日本自治団体労働組合(自治労)


民主党の支持母体は自治労です。

社会保険庁の職員が、こんな怠慢・不正がありましたと民主党に報告。

民主党が与党や大臣に責任を追及する。


こんなおかしな構図が、よくまかり通るなと感心しきりです。

政権与党、保守系メディアからの批判

産経新聞は2007年6月16日付の紙面で、下記のように労組を批判する記事を掲載した。

社会保険庁は数十人の幹部と1万数千人の職員で構成されており、数年で本省に転出する幹部と違い、社保庁に勤務し続ける一般職員をまとめる役割を果たしていた労組の職場での影響力は大きかった。
労使のなれ合いと職員の怠慢が年金記録問題の根本原因である。
年金記録問題が大きな政治的争点に浮上したことによって強い批判にさらされ、内閣支持率や自民党支持率が低下したことに対して、与党側はこれらの「覚書」「確認事項」を取り上げ、職員の怠慢によってこの問題が引き起こされたのであり、混乱を招いた責任は歴代内閣や政権与党ではなく、労組にあるという趣旨の主張を展開した[1]。7月に行われることが確実視されていた参議院選挙を前に保守系メディアや保守系言論人もそれに同調し、全国社保労組や自治労を批判した。

読売新聞は、2007年6月16日付の紙面で、上記の「覚書」等を結んでいたことを指摘した上で、「実際に国民から『社会保険事務所が混雑しても、職員は平然と休憩している』『職員向けマッサージチェアの購入など年金保険料が流用された』といった批判が出ているのも事実だ。」と批判した。

全国社会保険職員労働組合
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


一連の年金記録問題について、中山前国交相がズバリ本質を突いた発言をしています。

下記動画の6分10秒あたりからです。



いかに鳩山幹事長の発言が矛盾に満ち満ちているかよく分かります。

いわゆる民主党の自作自演であって、自民党や厚生労働大臣を批判する資格はないのである。

category: 年金問題

thread: 民主党 - janre: 政治・経済

tag: 民主党  鳩山幹事長  社会保険庁  自治労  年金記録改ざん 
tb: 0   cm: 4

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。