偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

[沖縄]集団自決の偏向報道を暴く  

何故マスコミはいつまでも日本人を騙し続けるのでしょうか?

沖縄集団自決に関しては、かなりのご高齢ですが生存者がご健在で、真実の証言が得られております。

歴史を歪曲することで、朝日新聞その他マスメディア本土活動家の飯のタネにされてはたまりません。

マスメディアには公正中立な報道姿勢が求められます。

本日(9/30)の朝日新聞では、一面から三面まで大きく「沖縄集団自決で検定意見撤回求め県民大会 11万人参加」と取り上げておりました。

軍命令による集団自決があったと主張をするならば、反対意見も当然載せるべきです。

それが客観報道であり、判断は読者なり視聴者に任せればよいのです。

ひとつの意見・主張だけを取り上げるのは、世論誘導・意識操作となるのです。




「援護法」とのはざまで

話は1956年にさかのぼった。
沖縄への「援護法」(正確には戦傷病者戦没者等遺族援護法)の適用を受け、座簡味村では1953年から戦没者遺家族の調査が着手されていたが、それから3年後、村当局は、戦争で数多く亡くなった一般住民に対しても補償を行うよう、厚生省から来た調査団に要望書を提出したという。

この「援護法」は、軍人・軍属を対象に適用習されるもので、一般住民には本来該当するものではなかった。それを村当局は、隊長の命令で「自決」が行われており、亡くなった人は「戦闘協力者」として、遺族に年金を支払うべきであると主張したというのである。つまり、国のシステムから考えれば、一般住民に対して「勝手に」死んだ者には補償がなされず、軍とのかかわりで死んだ者にだけ補償されるという論理を、住民たちは逆手にとったことになろうか。

その「隊長命令」の証人として、母は島の長老からの指示で国の役人の前に座らされ、それを認めたというわけである。

母はいったん、証言できないと断ったようだが、「人材・財産のほとんどが失われてしまった小さな島で、今後、自分たちはどう生きていけばよいのか。島の人たちを見殺しにするのか」という長老の怒りに屈してしまったようである。

それ以来、座間味島における惨劇をより多くの人に正確に伝えたいと思いつつも、母は「集団自決」の個所にくると、いつも背中に「援護法」の“目”を意識せざるを得なかった。

(「ZAMAMI-SAILING」の「座間味島の歴史」のページより転載)


上記証言は事実上の言論統制の行われている沖縄では貴重な証言でしたが、

現在はHPから削除されています。

category: 沖縄問題

thread: 社会ニュース - janre: ニュース

tag: チャンネル桜  偏向報道  マスコミ  朝日新聞  沖縄集団自決 
tb: 0   cm: 1

「アタシ、もうアベしちゃおうかな」のブログが炎上しちゃいました  

「アタシ、もうアベしちゃおうかな」を流行語として朝日新聞紙面で紹介したコラムニスト石原壮一郎氏のブログが大炎上したそうです。

16000件の批判のコメントが書き込まれたとのこと。

やはり朝日新聞の悪ノリを快く思わない人が多いのです。

これが正常な反応ではないでしょうか。

その後の記者会見の安倍氏の憔悴ぶりを見れば、続投困難であることは明らかでした。


自分たちのイデオロギーを守るために、有能な日本のリーダーに対し、ネガティブキャンペーンを散々繰り返した罪に比べれば、まだ軽く済んだほうです。

メディアは第四権力と呼ばれていますが、今日のマスメディアの影響力は、三権よりむしろ大きいと言えます。

言論の自由を盾に、むしろそれを悪用して世論を誘導使用としている節が、朝日新聞テレ朝グループに見え隠れしているのです。

これからはインターネットが第五権力として、マスメディアの本来の役割である、公正中立な報道・放送を行うよう、監視しなければなりません。


朝日新聞 - 新流行語「アサヒる」


category: 朝日新聞

thread: 朝日新聞 - janre: 政治・経済

tag: 偏向報道  マスコミ  朝日新聞 
tb: 0   cm: 1

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。