偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自民大敗  

やはり自民大敗のようです。

野党側は反発しているそうですが、事実は真摯に受け止めるべきですね。

むしろ今後北朝鮮を利することのないよう、

民主党はじめ野党は、自民党以上の積極さで問題解決にあたるべきでしょう。

そうすることで初めて、野党側の反発との以下の報道は当たらないと言えるわけです。




「北朝鮮は自民大敗を願っている」森元首相、金沢で演説(読売新聞) - goo ニュース

 政府高官や自民党幹部から25日、参院選で安倍首相が率いる自民党が敗北すると北朝鮮を利する結果になる、として自民党への支持を訴える発言が相次いだ。

 森元首相は金沢市での街頭演説で、「北朝鮮は安倍さんが(参院選で大敗し)つぶれてくれることを願っている。そんな北朝鮮の不埒(ふらち)なやり方に黙っていてはいけない。安倍さんを勝たせるしかない」と述べた。

 塩崎官房長官も都内での街頭演説で、「北朝鮮は安倍内閣の行方をじっと見ており、(参院選が与党にとって)あまりいい結果ではないことを期待している」と指摘した。

 こうした訴えに、野党側には「北朝鮮の拉致問題は超党派で取り組んでいる課題」(民主党筋)と反発する声も出ている。
-- 続きを読む --

category: 自民党

tb: 0   cm: 0

テレビ放送の政治的中立性に疑問  


地上波では絶対にない、超優良討論番組です。


以前からテレビ放送政治的中立性に疑問を持っています。

そう思っているのは私だけでしょうか?

テレビ朝日系を筆頭に、TBSNHKに至るまで、政治的に左に偏向した報道が多いように思います。

特に「安部政権」に対する風当たりは相当なものです。

原因はずばり「憲法改正」でしょう。

もちろん最近の「教育基本法改正」も「安部憎し」を加速させています。

社の基本線として護憲、9条に重きを置く論調を張るメディアは、とにかく政権批判ありきです。

良い所も悪いところも公平に取り上げるのが放送メディアの責務と私は考えます。

しかし残念ながら、現状は違うようです。

本日は参院選挙ですが、テレビ報道の巧みな誘導に結果を左右されない事を願いたいと思います。




放送法

目的

原則
放送法の第一条には、次の3点が原則として示されている。

放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによって、放送による表現の自由を確保すること。
放送に携わる者の職責を明らかにすることによって、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。
この原則の下に、第三条には「放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない」とあるし、第三条の二には放送番組について

公安及び善良な風俗を害しないこと。
政治的に公平であること。
報道は事実をまげないですること。
意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

と定められてもいる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




category: 反日洗脳

tb: 0   cm: 1

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。