偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

報道ステーション「閔妃暗殺事件特集」について  

閔妃暗殺事件について、報道ステーションが特集をやっていました。

これは民主党が過去の日本の「罪」を追及する恒久平和調査局を設置する
方針に迎合したとしか思えない。

暗殺事件を無条件で容認する訳にはいかないが、しかし余りにも一方的な
歴史観ではないか?

それも完全なる韓国史観。

当時の世界情勢はどうだったのか?

閔妃は朝鮮半島の独立を放棄し、帝政ロシアの属国の道を選択しようとし
ていた。

当時の朝鮮には独立を守れるだけの国力はなかった。

朝鮮半島から見れば日本は東夷。

だから日本より帝政ロシアを選択しようとしたのだろう。

しかしそれを許せばロシアが朝鮮半島を足掛かりに更に南下し、やがて日
本は飲み込まれていただろう。

歴史は大きく変わっていたのである。

今の韓国も無ければ日本も無い。

チェチェンを始めとするロシア周辺国の現状はどうだ?

韓国も日本も同じ状況になっていたとは考えられないか?

大局を見ずに歴史の一部分だけを切り取って善悪を決しようなんて、
余りにも幼稚な歴史観である。

歴史に疎いお人好し日本人がこの特集だけを見れば、日本は韓国になんて酷い仕打をしたんだと思
い込むことでしょう。

それこそがこの特集の狙いなんです。

日本人に贖罪意識を植え付けて外交成果を引き出す。

報道ステーションは特定アジアの歴史洗脳に加担しているのです。

一度くらい日本の立場から歴史を語ったらどうなんだろう。

「日本」の報道メディアならば、中朝韓が何を言おうと、100パーセント日本は正しかったと主張すべきなのです。

1885年になると、ロシアの南下政策を警戒しだしたイギリスなどを牽制するために親露政策もとりはじめる。1894年に東学党の乱(甲午農民戦争)が起きると清軍と日本軍の介入を招き、日清戦争の原因と戦場になった。日清戦争後、勝者である日本側の推す大院君派の勢力が強くなり、明成皇后の勢力は力を失っていく。そのため明成皇后は、親露政策をさらに推し進めていき、7月6日にロシア軍の力を借りて権力の奪回に成功する。この一件後の反明成皇后派の不穏な動きを察し、反対派の武装解除等を行った。

これらの動きは明成皇后に不満を持つ大院君や開化派勢力、日本などの諸外国に警戒され、1895年10月8日、大院君を中心とした開化派武装組織によって景福宮にて暗殺され、その遺体は武装組織により焼却された(乙未事変)。

朝鮮が親露に傾くことに危機感を持った公使・三浦梧楼も暗殺事件への嫌疑がかけれられたため、日本は国際的に非難され三浦を含む容疑者を召還し裁判にかけたが、首謀と殺害に関しては証拠不十分し免訴となり、釈放した。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

category: 歴史認識

thread: 報道・マスコミ - janre: 政治・経済

tag: 韓国  報道ステーション  閔妃 
tb: 0   cm: 2

田母神俊雄著「自らの身は顧みず」書評  

何気に今日京阪京橋の紀伊国屋に寄ってみると、田母神前航空幕僚長の「自らの身は顧みず」が月刊「WiLL」の横に平積みになってるではないか。

どうせ大した内容でもないだろうと高をくくっていたが、少し立ち読みしてみると結構面白そう。

それでつい購入し半分ほど読み進みました。

書評なんて全部読んでから本来書くべきでしょうが、最後まで読んでいなくても十分人様におススメできる書籍だと確信しました。




反日メディア・反日国家・反日政治家からの情報操作・マインドコントロールから逃れるための入門書となりうる内容。

南京大虐殺・従軍慰安婦の嘘やいかがわしい「村山談話」成立の経緯など、さらりと分かりやすく触れられています。

兎にも角にも全く本質的な議論が産経以外のマスメディアでは聞けずじまいだっただけに、そのフラストレーションをも解消してくれます。


参考人招致の冒頭で委員長が、「参考人の個人見解を表明する場ではありません」と、予め田母神氏の発言を制限した意図がよく理解できました。

この本に書かれている通りに田母神氏に真っ向反論されたら、更迭を決めた自民党も任命責任を追及した民主党も太刀打ちできんでしょう。


なのにメディアもネットも田母神批判一色の様相。

田母神氏の言っていることはどう考えても正論だし、情報操作が行われているとしか到底思えない状況です。

やはりチャンネル桜の水島社長が言っているように、現在の言論状況は「ソフトファシズム」なんだろうか。

category: 歴史認識

thread: 正論 - janre: 政治・経済

tag: 田母神    自らの身は顧みず 
tb: 0   cm: 2

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。