偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

対日補償要求は終了~韓国政府公式見解  

ようやく理不尽な歴史恫喝が終了したのかと、ホット胸をなでおろすニュースです。


対日補償要求は終了 韓国が公式見解~産経ニュース

【ソウル=黒田勝弘】韓国各紙は15日、日本統治時代の韓国人労働者の日本での未払い賃金について、もはや日本に返還要求はできないとの韓国政府の公式見解を伝えた。韓国では元慰安婦や戦没者、徴用労働者など多くの関連団体や個人がいまなお、日本に対し各種の補償を要求している。韓国政府としては、補償問題は1965年の日韓国交正常化の際に日本政府から受け取った「対日請求権資金」ですべて終わっているとの立場を、改めて確認したものだ。【記事詳細】



当然のことではあるが、1965年の日韓国交正常化で、北朝鮮を含む朝鮮半島の過去問題は金銭問題を含めすべて清算されている。

なのに当事国の韓国・北朝鮮を勿論のこと、国内の反日勢力もそれに加担して過去の清算は終わっていないの大合唱でした。

少しでも歴史を知っていれば、そんなことは一言も言えないはず。

むしろ自分の無知を恥ずかしく思うだろう。

それでもこの公式見解の表明には大いなる政治的リスクがあり、今回の韓国政府の決断を大いに評価したい。


韓国マスコミもこれまでは何でも日本に要求という姿勢が強かったが、最近は補償問題処理について外交文書の紹介など事実関係をかなり客観的に伝えるようになった。



北朝鮮拉致被害者について日本の過去の清算が終わっていないと主張した辻元清美さんや、

ありもしない従軍慰安婦で謝罪した河野洋平さんに、

このニュースを捧げたい。

category: 韓国問題

thread: 韓国について - janre: 政治・経済

tag: 韓国  対日補償要求 
tb: 0   cm: 0

世界の嫌われ者韓国で「日本嫌い」大幅増加  

時事通信社から配信された、「日本嫌い」が大幅増=竹島問題影響か-韓国調査と題された記事が、YAHOOの注目海外トピックスにランクインしています。

時事通信社はどんな意図を持ってこの記事を配信したのか?

日本嫌い」が大幅増=竹島問題影響か-韓国調査
9月22日10時16分配信 時事通信


 【ソウル22日時事】22日付の韓国紙・中央日報に掲載された世論調査結果によると、「最も嫌いな国」として日本を挙げた回答が昨年の38%から57%に大幅に増加した。日本の中学校社会科の新学習指導要領解説書に日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)が明記されたことなどが背景にあるとみられる。
 一方で、日本を「最も見習うべき国」とした回答は24%で1位。このほか、「最も好きな国」は米国(18%)、オーストラリア(14%)、スイス(9%)の順。「嫌いな国」の2、3位は中国(13%)、北朝鮮(10%)だった。
 調査は済州島を除く全国の満19歳以上の男女1200人を対象に、8月25日から9月7日まで面接方式で実施された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080922-00000022-jij-int



この配信記事では、日本の竹島領有権主張を中学校の指導要領解説書に明記したことが、韓国日本嫌いを大幅に増加させたと分析。

しかしながら竹島は疑いもなく日本固有の領土だし、それを敗戦後日本が主権回復する直前になって韓国が不法占有。

現在も既成事実を積み重ねて韓国が軍事占領しているのが実態である。


従って日本の韓国嫌いが大幅に増加するのは自然の理にかなうが、韓国の日本嫌いが増加するのは自己本位な理由に他ならない。

そもそも韓国の自己中的大騒ぎは、反日トライアングルのパートナー中国にさえ疎まれている。

先の北京五輪では、競技を問わず日本と韓国の対戦でことごとく日本側の応援に回ったほどである。



そこで時事通信社のこの配信記事。

外国勢力に加担した反日洗脳の匂いがプンプンする。

他人の嫌がることはしないと言い放った福田首相のメンタリティーは、実は日本人共通のものである。

その日本人の人の良さに付け込もうとする意図は明々白々である。


この記事では竹島の領有権そのものには触れていないが、正面から反日洗脳と悟られないのが洗脳のコツ。

長い時間をかけてそれと分からないよう徐々に誘導。

抵抗無く反日思想を受け入れる素地を作る。


朝日新聞はあからさまだが、時事通信社も筋金入りなので気をつけましょう。

時事通信社の記事はそのまま大手新聞社や地方新聞にも垂れ流されるので始末が悪い。

正に武器弾薬を使わない情報戦である。


頼りになるメディアは現在経営危機に陥っているチャンネル桜のみ。
http://www.ch-sakura.jp/

category: 韓国問題

thread: 韓国について - janre: 政治・経済

tag: 韓国  日本嫌い 
tb: 0   cm: 0

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。