偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

長野聖火リレーTV中継 NHKの印象操作  

NHKの「NHK週刊ニュ―ス」とよみうりテレビの「ウェークアップ!ぷらす」。

私は大阪に住んでいますので、交互にチャンネルを切り替えながら聖火リレーを見ておりました。

ちなみに聖火リレー生中継のテレビ報道は、関西ではこの2局のみ。

朝日・毎日・関西は全然関係ないテレビ番組をやっておりました。(AM8:30現在)

特にMBS毎日放送は、NHKよみうりと同じく、ニュースエンタメ情報系番組「知っとこ!」だっただけに、冒頭数分しか聖火リレー中継をしなかったのは不思議でした。

かなりの視聴率を稼げることは間違いないからです。


それでは本題に入りたいと思います。

NHKとよみうりは基本的に同じ報道映像を使用しておりました。

共同配信なのでしょう。

違いは空中からの映像のみです。

各々ヘリを飛ばしてる模様です。

そして一番違和感を覚えたのが、音量です。

最初のヤマ場、欽ちゃんが走っている場面。

よみうりでは現場の騒然とした雰囲気が十分伝わってきましたが、NHK報道映像では非常に静かにリレーが行われいる印象を受けました。

何度もチャンネルを切り替えましたので間違いありません。

よみうりは空中からの独自映像も併用していたため、そう感じたのかもしれません。


過去日韓ワールドカップでも、テレビ朝日が音量を絞って、反日ブーイングの嵐を隠蔽したことがありました。

当時の至上命題であった、日韓友好を「演出」するためにです。


今回NHK北京オリンピックに協力するために、同じ手法を利用したのかどうか、現時点では不明です。

しかしひとつ間違いなく断言できることは、NHKの長野聖火リレー中継だけを見ていた人には、

リレーがさも静かな環境で滞りなく行われたとの、誤った印象を与えてしまったことでしょう。

中国政府はNHKの国際放送を全部止めた


衆目に晒されているニュース報道の生中継映像は、一見真実を写し取っているかのように思えてしまうだけに、我々は一層注意深くなる必要があります。

最新ニュース

古舘伊知郎「2ちゃん」で賛美 「中国はチベットから手を引け」~J-CASTニュース

スポンサードリンク

category: 中国問題

thread: チベット問題について - janre: 政治・経済

tag: 長野  聖火リレー  TV中継  NHK  よみうり 
tb: 0   cm: 3

一発コピー?ボックス

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。