偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日米同盟を危うくする鳩山政権 その真価が問われるとき  

・アメリカの支配はまだ始まったばかりであり、二一世紀はアメリカの時代になる。
・もっとも重要な点は、アメリカが世界の海洋を支配しているということ。
・アメリカはまだ若い国家であり、そのため本当の姿を知るのは難しいが、実は驚くほど強力だ。

「100年予測-世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図」より


・大方の予想に反して、中国が世界的国家となることはない。
・中国のもっともありそうなシナリオは、日本をはじめとする強国が中国に経済進出を活発化させるうちに、中国政府が力を失い、分裂するというもの。

「100年予測-世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図」より


この本が予想する未来がどれだけの確率で正しいかは分からないが、かといって大幅に外れる保証もない。

この予測は地政学に基づいており、私自身は信憑性が高いと考えています。

近年の覇権国家振り返ると、イギリス→アメリカと続いている。


あんまり歴史に詳しくなくて自信はないが、それ以前にはスペインも隆盛を誇った。

皆海洋国家である。

先の大戦で日本が敗北したのは、海洋国家アメリカ・イギリスを敵に回し海上輸送路を絶たれ結果、物量に不足をきたしたことが大きな要因となっている。


逆に日露戦争では、日英同盟によって物量に不足をきたさなかった。

世界の海を制覇する国が覇権国家になりうるのであり、だからこそ近年中国は空母建設による海洋進出に意欲的であり、アメリカはそれに対し警戒的なのである。

中国は内陸国家ゆえの不安定さを何千年経っても解消することが出来ず、仮に民主主義国家になったとしても、安全保障のパートナーとして不適格であろう。


大陸に進出しアメリカと対立した戦前と、現在の鳩山政権の方針は酷似している。

歴史に学ぶならば、大陸とは距離を取り、アメリカと良好な関係を保つのことが平和への最善の道となろう。

しかるに 鳩山政権の今の姿勢は、東アジア共同体構想にこだわるあまり 日米同盟 を軽視する傾向にあり、将来の日本の存在自体を危うくしかねず、危険極まりない。


直近の共同通信の調査では、前回より内閣支持率が10パーセント下落し、約60パーセントとなった。

以前高水準と見ることも出来るが、普天間基地移設問題での迷走ぶりなど、安全保障を危惧する向きも加わった結果ではなかろうか。

オバマ大統領の来日が中途半端な結果に終われば、更に下落する可能性もある。

日米同盟」の在り方再検討 首相、代表質問で言及
10月30日7時57分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相は29日、衆参両院で行われた代表質問で、来年に日米安全保障条約改定50年の節目を迎えることを踏まえ、「同盟の在り方について包括的なレビューを行いたい」と述べ、日米同盟の再検討を進める考えを示した。その上で「レビューを通じて中長期的な視野に立って日米同盟を重層的に深化させる」と強調した。

 首相は29日夕、首相官邸で記者団に「同盟再検討」の真意について、「日米同盟は重視する前提で、地位協定や在日米軍再編などを包括的に調査し、どういう解決策があるか議論し結論を出したい」と述べた。

 代表質問の答弁で首相は在日米軍駐留経費(思いやり予算)の負担でも「包括的な見直しが必要だ。透明性を確保しながら見直しに取り組みたい」と述べた。

 日本の過去を植民地支配と侵略の歴史とし「痛切な反省と心からのおわび」を表明した村山談話には「新政権は歴史をまっすぐ正しく見つめる勇気を持った政権だ。談話の思いはこの政権でこそ尊重されなければならない」と述べ、踏襲する考えを重ねて示した。

 マニフェスト(政権公約)については「変更することは想定していない」と明言。八ツ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の建設中止を撤回しない考えを示した。


普天間問題をアメリカの要求どおり受け入れても公約違反となり、メディアに批判的に取り上げられれば、更なる支持率下落の要因ともなる。

国益と党利党略のどちらを選ぶのか?

民主党政権の真価が問われる時期が、早くもやってきたようだ。


参考書籍;

category: 自衛隊・日米同盟

thread: 民主党・鳩山政権 - janre: 政治・経済

tag: 日米同盟  鳩山政権 
tb: 0   cm: 0

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。