偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

無料許諾の音楽や映画のダウンロード  

昨日朝日新聞の夕刊を読んでおりましたら、

とても気になるニュースが載っておりましたのでご紹介します。


ここ数年ファイル共有サイトや動画共有サイトから、

無料で音楽や映像をダウンロードする方法を紹介している本を見かけたりします。

家庭内で個人で楽しむ分には音楽映画ダウンロードしても良いと著作権法にあり、

その範囲内で楽しんでいる方は非常に多いのではないでしょうか?


しかし無許諾の音楽映画をネットからダウンロードすることが、自宅でも違法になるかもしれません。


詳細は下記リンクを読んでもらいたいのですが、

私の個人的見解を述べますと、

著作権で保護された音楽や映画のコンテンツを無料ダウンロードするのは好ましくないと思います。

何故ならそれは、「自分さえ、今さえ良ければいい」という最近の風潮に根ざしているからです。


今は音楽や映画が無料で入手できるかもしれません。

しかし音楽や映画を製作する側に料金が支払われないのですから、

創作活動に金銭的な制約が生まれ、将来的にはコンテンツは先細りになるでしょう。


つまり今は無料でも、将来のつけを支払うときが必ず来るということです。

しかしこの流れを法律を作って止めることも、いたちごっこの感があります。


著作権団体等は今をチャンスと捉え、新しいビジネスモデルを構築することが、

法律で規制することを考えるより前向きであり、

音楽業界や映画業界の発展に繋がるのではないでしょうか?


無許諾の音楽・映画 ネットで入手、自宅でも違法に(朝日新聞) - goo ニュース


category: 生活ニュース

thread: 法律 - janre: ライフ

tag: 著作権  音楽  映像  ダウンロード 
tb: 0   cm: 0

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。