偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

学費未納に別室待機は当然  

学費を始業式当日までに納入せず、生徒が別室で待機させられたと報じるニュース報道を最近よく耳にします。

「入学金未納で入学式不可 長崎・佐世保工でも2人」(朝日新聞)

「入学金未納の新入生2人、式出席許さず 千葉の県立高」(産経新聞)

入学式:入学金未納 長崎でも出席拒む 佐世保工高、2人に(毎日新聞)

それぞれの記事内容自体は淡々と事実を報道しているようだが、このニュース記事タイトルだけを見る限り、「学校」側が一方的に悪いとの先入観を与えかねない伝え方である。

サービスに対価を支払うのは当然であり、教育も例外ではなかろう。

大半の生徒さんはきちんと学校納入金を納めているわけだし、ここで例外を認めれば正直者はバカを見る結果になりかねない。

少々乱暴に聞こえたかもしれませんが、原則を守らなければ綻びは際限なく広がっていくばかりです。

日本の父兄にとって子供の学費は二の次?

日本では小中高校の学校納入金未納問題が社会問題に発展している。千葉県では県立八千代西高校が学校納入金を支払っていない新入生二人を8日の入学式に出席させず、教室で待機させていたことが分かった。未納だったのは入学金5650円と年間授業料9万円。「学校納入金の未納」はこのところ日本全国で広がりつつある現象だ。


 「学校が問題なのか、親が問題なのか…」。16日付の朝日新聞は、子供の授業料納付を怠る最近の日本の保護者に一石を投じた。「保護者の認識は変わったのか」という記事では、大学教授の言葉を引用し「以前は“ほかのことはともかく子供の学費だけは支払わなければ”という保護者の意識が強かったが、最近はそうした意識が薄らいできた」と報じている。世間の傾向が利己的な方向に流れていることから、「ほかのことに使う金はあっても、子供の学費は支払わない」という保護者が増えているというのだ。

<省略>

ところが、同校で問題になった生徒二人の家庭は、貧しくて学費が払えないわけではなかった。

<省略>

朝鮮日報より一部引用



お隣の国のメディア報道の方がよほどまともに聞こえます。

日本人のモラルハザードはかなりの危険水域に達していると考えざるをえない。

category: 社会ネタ

thread: 気になったニュース - janre: ニュース

tag: 入学金  未納  報道  マスコミ 
tb: 1   cm: 0

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。