偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

朝日新聞の偏向報道はまだ続く~映画「靖国」  

憲法記念日に表現の自由問う 映画靖国」一般公開

2008年05月03日

論議を呼んだドキュメンタリー映画靖国」がこの日、各地に先がけて東京・渋谷のシネ・アミューズで一般公開された。

 初回開始前から券を求めて列ができ、夜までの全上映回分が午後2時半ごろに完売。不測の事態に備え、スクリーン近くには警備員が観客と向かい合う形で座り、私服警官もそばで警戒した。夜までに英語字幕版を含めて8回上映された。渋谷署によると、大きな混乱はなかった。

 午前6時に一番乗りした東京都文京区の大学生笹木陽介さん(18)は「話題が先行したが内容は過激ではなかった。なぜ問題になったのだろう」。元裁判所書記官の男性(75)は「この内容でなぜ上映中止にしたいのか分からない。国会議員が事前に試写を求めたのは思想検閲だ」と話した。公務員の夫と訪れた都内在住の女性(51)は「上映されてよかった。これをやらないなら日本は言論の自由がない国になってしまう」と語った。

アサヒコム~憲法記念日に表現の自由問う 映画「靖国」一般公開より一部引用


映画靖国」について、朝日新聞がしつこく印象操作をやっております。

この映画に関しては、既にネットでネタばれしているのに相当執拗です。

「表現の自由が守られた」と、新聞紙面に大きな見出しが躍っていました。

繰り返しこのブログで申し上げましたが、論点のすり替えです。

問題視しなければならないのは、「表現の自由」ではなく、公的助成金が適正に交付されたかどうかの一点に尽きます。

文化庁所管の独立行政法人「日本芸術文化振興会」助成金交付の主な要件

(1)政治的、宗教的宣伝意図がない
(2)日本映画であること



税金の使い方に不正の疑いがあれば、調査をするのが国会議員の責務。

特に(1)については、映画を実際見なければ判断できません。

これを「国会議員が事前に試写を求めたのは思想検閲」とのインタビューをわざわざ掲載して、朝日新聞だけでなく、大多数の国民の意見であるかにように錯覚させる。

朝日新聞はこういった偏向報道よりも先に、助成金交付の適否について公正な報道をすべきでしょう。

これほどあからさまな偏向報道をする朝日新聞に、メディア報道とはどう在るべきか、表現の自由とは何なのかを、改めて考えさせられました。

category: 朝日新聞

thread: 報道・マスコミ - janre: 政治・経済

tag: 朝日新聞  偏向報道  映画  靖国 
tb: 0   cm: 0

映画「靖国」偏向報道~朝日新聞朝刊より  

朝日新聞朝刊に、映画靖国の試写会についてのニュース記事が掲載されていました。

「駄作」「労作」…右翼系団体の活動家ら「靖国」試写会
2008年04月18日21時09分

上映中止で話題の映画靖国」をめぐり、主に右翼系団体の会員向けの試写会が18日、東京都新宿区のライブハウス「ロフトプラスワン」で開かれた。試写後、参加者らは「駄作」「労作」「靖国を理解していない」「反日とは思えない」など賛否の意見を交わした。

 主催側のロフトによると、全国から活動家ら約150人が集まった。試写する機会を設けたいという右翼・民族派団体幹部らの要望や相談を受ける形で企画したという。呼びかけ人の一人、木村三浩・一水会代表は「右翼が上映を中止させたかのような間違った言われ方をされていたから」と説明した。

続きasahi.comで読む

朝日新聞より一部引用



右も左も映画を観てから議論せよ、との趣旨の記事だと思います。

朝日新聞に限らず、他の大手メディアニュースもこのような報道の仕方が多いのではと推測しています。

以前にも書きましたが、完全に論点のすり替えが行われています。

この映画靖国問題の本筋は、

映画の主な登場人物、靖国刀匠刈谷直治氏が、伝統工芸靖国刀のドキュメンタリーだと騙され撮影に協力させられた。
②靖国神社に許可なく撮影された映像が使用されている。

上記何れも法令違反、道徳倫理違反の問題であって、映画の内容そのものの問題ではない。

映画 『靖国』 予告編
http://jp.youtube.com/watch?v=PRYVF_2T1PM


純粋な伝統工芸のドキュメンタリー映画でないことは、一目瞭然である。

だから刈谷氏も靖国神社も一部映像削除を要求しているのである。

つまり映画の内容そのものではなく、製作プロセスに問題があった。

従って無断使用部分をカットして上映すべきである。

社会ルールを遵守する限り、どんな自己表現をしても日本では自由です。

参考動画
映画「靖国」出演の刀匠と仲介者が訴える、出演部分削除! 「助監督に騙された」


映画「靖国」朝日・左翼メディアの上映中止報道工作1/2


参考記事

【主張】映画「靖国」 助成金の適否を検証せよ

映画から削って…「靖国」出演の刀匠が明言

スポンサードリンク

category: 反日洗脳

thread: 赤旗・朝日新聞のウソ! - janre: 政治・経済

tag: 映画  靖国  朝日新聞  報道  マスコミ  偏向報道 
tb: 0   cm: 0

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。