偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

豪州政府 鯨は駄目でカンガルーはOKの謎  

オーストラリア国防省が、野生のカンガルー400頭を安楽死させる準備を進めているそうです。

その理由について反捕鯨の急先鋒・オーストラリア環境相ピーターギャレット氏は、以下のインタビューで語っています。

「オーストラリアは野生動物や地球環境のケアには十分、配慮している。しかし、長い目でみて地球環境と野生動物のためにならない状況が生まれる可能性があるときや、生態系のアンバランスが生じている時には、人道的にも配慮した上で適切に処理されるこのような計画が必要となってくる」

 そして、ギャレット環境大臣はこの駆除が、日本の調査捕鯨に対するオーストラリアの反捕鯨キャンペーンにまったく影響しないとした上で、このように主張しています。

「捕鯨に対する私たちの目的ははっきりしており、今後も、南極海でクジラを殺すことには、断固として反対を貫く。地球環境や生態系の維持、そして野生動物を保護するためにとられるバランスのとれた科学的にも適切な計画は、私に言わせれば、とても良い政策なのだ」

豪州、カンガルーの駆除はOK!環境相「捕鯨とは違う」@ポールマッカートニーが反対運動参加
~Cool Cool Japan !!!
より引用


この説明で豪州政府のカンガルーの扱いの違いについて、理解できた方はいないでしょう。

最初のカンガルーに対する説明と最後のに関する見解を逆にしても、この文章は立派に成り立ちます。

何故これほど矛盾したことを、正々堂々と言えるのか?

これは反捕鯨が、純粋な動物愛護や環境保護運動ではないからです。


ギャレット環境大臣元グリーンピース理事である。

グリーンピースの年間予算は283億円であり、私は完全な環境利権団体だと思っています。

オーストラリアはホエールウオッチングを観光資源にしています。


要するに自分たちの利権を守るために、政治的キャンペーンを張っているだけなのです。


最後に鯨を愛するオーストラリアで、堂々と売られている土産物をご覧ください。



オーストラリアに、日本の捕鯨を野蛮と非難する資格は全くない!

教科書が教えない日本被虐史 拉致と侵略 (OAK MOOK 199 撃論ムック)教科書が教えない日本被虐史 拉致と侵略 (OAK MOOK 199 撃論ムック)
(2008/02/18)
西村幸祐

商品詳細を見る

category: 環境利権

thread: 捕鯨・反捕鯨問題 - janre: 政治・経済

tag: オーストラリア  捕鯨  反捕鯨  カンガルー400頭  駆除  ピーターギャレット 
tb: 0   cm: 2

IWC 渋々シーシェパードに非難声明  



上記TBS報道によりますと、
 

「日本が提案しまして、一番初めに私がやったんです。あいさつがすんだ直後に。入ってなかったんです、全然議題に」(水産庁 中前 明 次長)


だそうです。

つまり日本の提案がなければ、「今回のIWC会合で採り上げなかった」ってことです。

会合前の産経新聞の取材で、IWC事務局長が当該声明と同一内容のシー・シェパード非難を行っていましたが、公の場で声明を出す予定は残念ながら無かったようです。

2002年に米国議会でFBIが、シー・シェパードエコテロリストであると報告を行っています。

日本が言い出す前に、反捕鯨国から積極的にシー・シェパードに対する非難声明を提案すべきだったでしょう。

反捕鯨国がエコテロリストの行為を黙認することは、日本人の身体生命の安全より鯨を優先させる、倒錯した考えを持っていることを、世界に暴露するに等しいからです。

反捕鯨国の本音が暴露された今となっては、日本は一刻も早くIWCを脱退し、新たな捕鯨管理機関を設立すべきでしょう。

シー・シェパードを非難 IWC会合、声明出し閉幕(共同通信) - goo ニュース

category: 環境利権

thread: 捕鯨・反捕鯨問題 - janre: 政治・経済

tag: シーシェパード  IWC  捕鯨  エコテロリスト 
tb: 1   cm: 0

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。