偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

田母神論文と日教組  

最近のマスコミ報道を見ていると、その偏向ぶりが益々激しさを増している。

田母神前空幕長の論文問題。

連日のパッシング報道に追従するかのように、今日のNHK討論でも取り上げられていた。


しかしこの論文について特に違法性は認められないし、また道義的に攻められるべき問題もない。

唯一問題になったのは、「村山談話」と呼ばれる政府見解と意見を異にするという一点のみ。

けれども前提となる村山談話自体、その談話に流れる思想や、発表に至る経過が相当いかがわしい。


この村山富市談話は、戦後五〇年の国会謝罪決議の後に、突如発表されたものである。
 それまでの歴代内閣は、歴史に対する評価は後世に任せる、総理大臣が、良かったとか悪かったとか公表する問題ではない、との態度であった。
 そのなかで、村山富市総理大臣が、我が国の歴史は悪かったので反省して謝罪するとの談話を発表したのである。
 
 これこそ、総理の立場を私し、その立場を利用したイデオロギーによって歪められた個人的妄想の表明に過ぎないのだ。

 一九九五年、平成七年、内閣は自社連立の社会党内閣であった。社会党は、先の細川内閣で与党となり大臣病患者が大量に発生する。そして、その病状につけ込まれて自民党との連立に走り、自民党は与党に返り咲くのである。
 その与党返り咲きのために、自民党は社会党的左翼的妄想にすり寄り同調するのである。
 即ち、日本は悪い国だから、戦後五〇年を契機に、国会で謝罪決議をするということになる。

 以後、詳細は省略するが、私また多くの野党になった同志は、謝罪決議阻止のために行動を起こし、自民党のなかにも阻止に立ち上がる者が出てきたのである(尊敬すべき同志であった)。
 その結果、当時の野党新進党と与党自民党とも、謝罪決議の本会議に臨めば、分裂した採決になるという状況になった。
 
 そのような緊迫した状況になった金曜日の夕刻、今でも不可解であるが、新進党議員に対して、党国会対策幹部から、
「本日は本会議が開会されないので各自選挙区へお戻りください」という伝達があった(この幹部は、現在の自公連立の一員である)。よって、私どもは、新幹線や飛行機で帰省し始めた。

 すると、謝罪決議阻止派が東京からいなくなったのを見届けてから、土井たか子衆議院議長は、午後七時前に本会議開会のベルを押した。
 その結果、本会議は大量の欠席者があったものの,強引に開会され、出席者の全会一致で謝罪決議は衆議院で採決されたのである。

 本会議開会のベルが押されたとの連絡を受けたとき、私は新幹線で浜松付近を走行していた。そして、名古屋で列車を降りて乗り換えてまた東京に引き返した。
 しかし、とっぷりと暮れた国会は、ライトアップされているだけで、もぬけの殻であった。
「ちくしょう、だましやがったなー」と地団駄を踏んで国会を見上げた。
 その直後、私は、
「夜陰に乗じて、衆議院決議を窃取した卑劣な輩」と社会党内閣を非難する報告書を同志に送った。

 だが、我々の、国家の名誉と英霊への忠誠をかけた謝罪決議阻止の行動により、謝罪決議は窃取されたものの、参加者少数の権威なき決議になったのである。
 さらに賛成した議員でも、謝罪決議の内容を覚えているものはいないであろう。つまり、社会党内閣存続のための自社首脳の保身からでた権威亡き決議、欠陥決議、外交上引用できない決議、となったのである。
 
 そこで、登場してくるのが。村山富市謝罪談話である。
 即ち、あくまで、我が国家を謝罪させねばならないとの妄想に駆られた村山富市という老いた左翼が、総理大臣の地位にあることを奇貨として、衆議院本会議決議の欠陥を補うために苦し紛れに発表したものが、村山談話なのだ。

 この村山談話に対して、マレーシアのマハティール首相は、はっきりと、「日本は謝る必要はない」と異例のコメントをした。
 また、同じマレー語のインドネシアのスハルト大統領が、如何なるコメントをしたかは知らないが、彼は、日本軍が教育したインドネシア独立義勇軍の一員で、大統領になったとき、独立義勇軍時代の教官であった日本に住む土屋大尉に電話をかけて、
「教官殿、私は大統領になりました」と報告した男であったのだ。マハティールと同様に、村山談話の謝罪に首を傾げていたことは明らかだ。
 さらに、スハルトの前任者であったスカルノ大統領は、昭和二〇年八月一七日、ジャカルタの野村海軍少将の自宅でインドネシア独立宣言書を起案し、しかも、独立宣言の日付に、西暦ではなく我が日本の皇紀二六〇四年を使用した大統領であった。

 そのスカルノ大統領が、開催したバンドン会議五〇周年の席上で、我が総理大臣は、あの村山という老人の妄想を朗読したというわけだ。
 
 村山氏といい小泉氏といい、知識がない、不勉強だという前に、
政治家なら最低限持つべき、国家・お国に対する「忠誠心」が欠如しているのではないか。
 忠誠心のレベルに達しなくともよい、
 人間として、国民として最低限のお国に対する「愛」もないのか。

 以上、村山富市談話を、現総理大臣が権威あるもののように外交の場で朗読する風潮を憂い危惧して、述べた。

 私にとって、謝罪決議阻止は、忘れ得ないことである。
一〇年前の衆議院の謝罪決議と村山談話は、我が国の国益を毀損し続けている。
 我が国周辺は、謝れば済むという文化ではない。
 謝れば、ますますつけ込んでくるという文化なのだ。
 それは、北朝鮮、韓国、中国の現在の言動で証明されている。これらは、謝れば謝るほど、嵩に懸かってきているではないか。
この度も、中国の駐日大使が、自民党内で講演し、内政干渉も甚だしい靖国神社参拝非難を堂々と述べると共に、中曽根内閣以来、靖国神社を参拝しないとの日中の協定があるとの発言をした。この国家の沽券に関わることを言い放たれるのも、今まで謝罪してきたからだ。
 一〇年前から、私はこのことを指摘して不用意な謝罪は、国益を損ねると言い続けてきた。即ち、福沢諭吉の「脱亜論」をこそ読み返し、先人の苦労と経験に学び直すべき時なのだ。



西村眞悟の時事通信 No.192 平成17年 4月29日(金)より引用



退職金の自主返納などという超法規的なことを言い出す前に、先ず「村山談話」のいかがわしさを糾弾破棄するのが、全ての国会議員の責務であり、それを促すのがマスコミ本来の使命であるはず。

それと最後に一言。

田母神論文に対する1/10でいいから、その費やすエネルギーを日教組の反日政治活動に振り向けてもらいたい。


国を憂いて発言した田母神元空幕長と、日本解体を目論む日教組。

親方日の丸の公務員という地位を利用し、偏ったイデオロギーを子供達にばら撒く日教組の表現活動こそ、国会で問題になり、マスコミに叩かれる性質のものである。

それが行われる気配が一切見えないところからして、現在のマスメディアが如何に偏向しているかが良く分かるのである。

category: 偏向報道

thread: 報道・マスコミ - janre: 政治・経済

tag: 報道  マスコミ  田母神論文  日教組  偏向報道 
tb: 1   cm: 3

中山発言支持が45パーセント~TBS「朝ズバッ!」  

中山前国交相の発言について、マスコミの一斉パッシング直後の「朝ズバッ!」が行ったアンケート結果。

中山前国交相の辞任について20歳以上男女を対象にアンケートしたところ、
「辞めるべき」48%、 「辞める必要はない」45%


【政治】 「麻生総理・中山前国交相を若者が支持したり、秋葉原で人気出たり…戦前のドイツ・日本の様で極めて危険」…民主・山岡氏★13
1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2008/10/02(木) 10:03:57 ID:???0
・民主党の山岡賢次・国対委員長は29日、TBSの「朝ズバッ!」内で以下のように発言した。

---
(中山前国交相の辞任について20歳以上男女を対象にアンケートしたところ「辞めるべき」48%、
「辞める必要はない」45%で意見が拮抗したことについて)


山岡賢次・国対委員長
 「この数字は極めて重要なんです。これは歴史的傾向なんです。もし若い方たちが知らずに
 表明しているのかあるいは解りながら表明しているのか。解っているとしたら、歴史が回転してるんですね。
 戦後60年ですね。ある意味では、心情的には、いつか来た道にだんだん戻って繰り返すと。
 そうすると、中山先生も麻生総理も同じ発想ですけど、極めてそういうところに原点を持っている
 ような感じがしてしょうがないんですね。
 ですから、そういう人達が人気が出てくる、秋葉原で人気が出てくると、これはある意味では
 戦前のドイツ・日本の現象に回帰しており極めて危険で、そういうとこのリーダーは非常に
 大切なんですよね。リーダーがそういうのを煽ってると、日本がいつか来た道に行く恐れがある。
(ばぐ太書きおこし)

※有志によるキャプチャ動画
 http://jp.youtube.com/watch?v=NfCFds7F-PA

2ちゃんねるより



これまでの中山発言報道が、世論誘導を狙ったものであることは何度も強調してきましたが、結果失敗に終わったことをこのアンケート調査結果が物語っています。

テレビ・新聞の報道は、中山前国交相の発言が国民から総すかんを食らったような印象を与えていました。

しかし事実は違います。


半数近くの国民が中山大臣は辞めるべきでないと言っている。

48パーセントは辞めるべきだと言っているが、これは日教組の実態を知らない人の数もかなり含まれていると考えられる。

日教組の運動方針を知れば、相当数の方が中山氏支持に廻るでしょう。


彼らの運動方針は一言で言えば、「日本解体」。

人権擁護法案の推進。

外国人参政権付与法案の推進。


ジェンダーフリー教育推進。

参考記事~日教組のあきれた運動方針!

要するに日教組は、教職員組合の仮面をかぶった左翼政治団体なんです。


民間人がどんな政治運動をやろうが自由である。

しかし親方日の丸の教職員組合が、国歌国旗反対!道徳教育反対!などと叫んでいいはずが無い。

自由にやりたければ、私立学校へ転職するなり私塾を開くなりして下さい。



そして日教組を支持母体にするのが民主党。

その民主党国対委員長は、国民をナチス扱い。

国民をナチス扱いする民主党を強力に後押しするのが朝日新聞を始めとする大マスコミ。


中山前国交相は本当のことを言ったまででむしろ問題は、日教組・民主党・マスコミの癒着構造にある。

category: 反日洗脳

thread: 報道・マスコミ - janre: 政治・経済

tag: 中山国交相  発言  失言  報道  偏向報道 
tb: 0   cm: 4

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。