偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

[北京五輪] 星野ジャパン準決勝で韓国に惨敗  

予選を通じて打てず守れずの星野ジャパン

大事な準決勝韓国戦も、もろ予選の不調を引きずっての大敗でした。
(スコア2-6)

イ・スンヨプはいくら不調でも、ここ一番の大舞台では怖いバッターだということは、
日本の野球ファンならご存知でしょう。

ロッテ時代にも打率は高くないが、肝心な所で打ってたんですよ。


ところで野球日本代表の体たらくぶりをどう分析すればよいか?

原因は複数あるでしょう。

メンバーの選出や采配など、星野監督に問題があったことは確かでしょう。

セリーグ首位打者の内山やパリーグ好調の岩隈の不選出。

村田やG.G佐藤の打撃不調、守備ミスも相当響きました。

又、8回の大事な場面で不調の岩瀬を性懲りなく使う投手交代。


しかしそれ以外にもっと大きな手抜かりがありました。

それは国際試合への対応の怠りです。

ストライクゾーンの違いや公式球の大きさ、マウンドの高さ。

本気で金メダルを取りにいくつもりなら、公式戦から国際仕様に合わせて慣れて
おく必要があった筈です。

実際韓国はその対策をとって来たお陰で予選全勝です。


この対策を取ったか取らないかの差は存外大きいですよ。

普段どおりの野球をすればいい韓国。

それに対しストライクゾーンに戸惑い、余計なフォアボールを与える日本投手陣。

何度も同じ場面を見ました。

前の球が日本ではストライクなのに五輪ではボール判定。

そして次の投球で決定打を浴びる。


韓国はWBCの敗戦や国際大会でプロのベストメンバーが日本のアマ代表に敗れる
など、ここ数年辛酸をなめてきました。

この危機感の違いが現時点での日本と韓国の差です。

又金メダルを獲得した日本女子ソフトボールは、アメリカのエースを2年間研究し、フォームの癖から球種を見抜いていたそうです。


何ともWBCで勝ったことが今日の敗戦に繋がるとは、大変皮肉な結果になりました。

category: 芸能スポーツ

thread: オリンピック総合 - janre: ニュース

tag: 北京五輪  星野ジャパン  韓国戦  準決勝 
tb: 0   cm: 0

北京五輪テレビ中継 やっぱりNHKが一番か?  

北京五輪が開幕して10日目。

NHK+民放5社オリンピック中継を一通り視聴しました。

ずっとテレビに噛り付いている訳ではありませんから、これから私が述べることは独断と偏見に満ちていますことを、一言お断りしておきます。


そこで先ず結論。

やはりオリンピック中継ではNHKが断トツです。

何と言ってもCMが無いのが他の民放との大きな違い。

こればかりは争いようがありません。

それと予算豊富なせいか、民放では放送されないマイナー競技まで中継できるのが強みです。

次に健闘してるのがテレ朝。

キャスターに松岡修三を擁しているにもかかわらず、オリンピックの厳かな雰囲気を壊していません。

世界陸上だったか世界水泳だったか記憶が定かではありませんが、大物俳優のあのハシャギぶりが記憶に新しいですが、同じようなキャラでもこちらは元一流プロスポーツ選手。

ちゃんとしたプロ目線のコメントもあり、又必要以上に目立たないところに好感が持てます。

あとTBSと日テレも特に問題無いと思います。

キャスターにTBSが中居正広、日テレが明石家さんま・櫻井翔だそうですが、正直中継中に見た覚えがありません。

今回私が最下位に評価したのがフジテレビです。

キャスターは古田敦也、相武紗季、浜田雅功の3人。

芸能人をキャスターにしているのはTBS・日テレと変わらないのですが、どうもこの三人が目だって仕方がありません。

オリンピック自体、立派に独立したコンテンツですから、必要以上に演出を加える必要は無いと思います。

オリンピックは女子バレーボールとは違うのです。


キャスターはアナウンサーと元オリンピック選手やプロスポーツ選手で構成するのが正統派でしょう。

そしてオリンピックゲームの厳かさを損なわない淡々とした中継。

私がオリンピックで一番観たいのは、ストイシズムとプロフェッショナルなのです。

category: 芸能スポーツ

thread: オリンピック総合 - janre: ニュース

tag: 北京五輪  テレビ中継  キャスター 
tb: 0   cm: 0

一発コピー?ボックス

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。