偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鳩山首相、早々と村山談話踏襲を宣言~土下座外交の始まり  

鳩山首相が華麗なる外交デビューで、友愛精神を如何なく発揮されました。

先ずは日米首脳会談の前に、胡錦濤国家主席の求めに応じて日中首脳会談を開催。

鳩山首相「東シナ海を友愛の海に」 日中首脳会談で提言

 鳩山首相は国連総会などに出席するため初の外遊先となる米ニューヨークを訪れ、21日夜(日本時間22日午前)中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席と会談をした。

 首相は、日本の植民地支配と侵略への反省と謝罪を表明した95年の村山首相談話を踏襲することを表明したうえで、将来の目標として持論の東アジア共同体構想を提唱。東シナ海をガス田の共同開発を通じて「いさかいの海」から「友愛の海」に変えることを提言。両国間の課題の解決に向けて両国が対話を促進することで合意した。

続きはasahi.comへ



このニュースはTBSの「総力報道!THE NEWS」で知りました。

小朝日と言われる毎日系のTBSでさえ、アンカーの後藤謙次氏がチクリとやってました。

中国はしたたかですね。鳩山首相は靖国神社に参拝しないとかねてから言明しており、今回村山談話の踏襲を表明。しかし2枚の外交カードを切ったにも拘らず、中国側は何の約束もしていない。」
(カッコ内のセリフは私の記憶です。従って表現に相違があることをご了承ください。)

民主党が左派親中政権であることは承知しているし、安倍政権でさえやっちゃんたんだから、尚更鳩山政権なら踏襲するだろうと思っていた。

しかしカツアゲされる前から、いきなりお金を差し出すようなマネは止めてもらいたい。

こんな人があなたの夫だったら?恋人だったら?

幻滅しますよね。

又岡田外相はイオングループの御曹司で、そのイオングループは中国で大きな商売をしようとしている。

 国内市場は、少子高齢化などの影響で縮小傾向が続く。イオンは「国内投資を少なくし、中国での投資を増やしていく」(岡田元也社長)方針で、好調な独自ブランド商品(PB)を中国でも本格的に販売し、米ウォルマート・ストアーズなど有力外資や地元企業に対抗する構えだ。

イオン、中国市場で売上高倍増へ 北京に巨大SC~47newsより一部引用



そんな訳で、岡田外相は中国にイオングループを人質に取られている。

従って今後4年間は、鳩山・岡田コンビで対中外交一人負けの状態が続くということです。

どう考えたって国益の代表ではなく私益の代表です。

大マスコミの扇動に乗せられて民主党に投票した人達よ、ちゃんと責任とって下さいね。

責任の取り方は唯一つ。

民主党がこれからやることをキッチリ監視すること。

国民の支持が無くなれば、マスコミは直ぐに手の平返します。

category: 民主党

thread: 民主党・鳩山政権 - janre: 政治・経済

tag: 鳩山首相  中国  村山談話 
tb: 0   cm: 0

中国ギョーザ問題 さすがの中国もゴリ押しは無理と見たか?  

さすがの中国も、毒ギョーザ問題では日本に折れざるを得ないようですね。

過去中国は日本に対し、数々の国際的的常識とかけ離れた非礼な態度をとってきました。

瀋陽のハンミちゃん事件や重慶で開催されたサッカー・アジアカップに反日暴動など、一切非を認めない姿勢は一貫していました。

しかし今回の毒ギョーザ問題はいささか趣が違うようです。

今までどんなに中国に侮辱されても寛容な態度を取って来た日本人も、こと食の問題では違っていたのです。

政治問題に普段関心の薄い日本人も、自分の生命身体にかかわる食の問題では、中国を決して許さなかった。

中国ギョーザに関して日本人は、国民として怒っているというより消費者として怒っているのです。

一時期女児が重態に陥るなど深刻な問題であるにもかかわらず、全く中国側に誠実さが見られなかった。

それどころか日本側に非があるかのような発言の数々。

消費者としてかなり目の肥えた日本人にとって、このことが原因で中国食品はナシってことになったわけです。

靖国や歴史問題などと同じように、時間が経てば忘れるだろうと高をくくっていた中国当局も、さすがにこれ以上ゴリ押しは無理とようやく悟ったようですが、遅きに失したようです。

食べ物の恨みは一生の恨みって言葉は中国には無いのでしょうか?



ギョーザ事件に続いて起こったチベット蜂起で、中国に嫌気が差した国民の空気を嗅ぎ取ったかのように、あの朝日新聞や報道ステーションさえも、反中国的報道を繰り返しております。

特に最近北京五輪に結び付けての報道が目立ってきただけに、中国当局の焦りを感じます。


それにしてもこれまで強気一辺倒の中国とはえらい違い。

又これほど重大な外交上の秘密を読売新聞がスクープ出来たのも不自然です。

この点についてうがった見方を産経新聞が掲載しておりますのでご参考までに。

category: 中国問題

thread: 中国問題 - janre: 政治・経済

tag: 中国  ギョーザ  毒ギョーザ問題 
tb: 1   cm: 2

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。