偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

パウエル問題 ソフトバンクは引き下がるべき  

この度のパウエル投手の獲得問題に関しては、圧倒的にソフトバンクに非があると私は思います。

ここで契約について簡単に触れておくと、契約は民法上では債権に分類されます。

物権の典型が所有権で、所有者が唯一無二の権利者でありかつ排他的権利であるのに対し、債権は二重三重に権利が並存しうる。

つまりオリックスソフトバンク両契約とも有効と解される。

しかしながら両球団でパウエル投手がプレーすることは不可能であり、一方の契約が債務不履行になることは明らかである。

ちなみに仮契約であると本契約であると、契約名称で優劣は決まりません。

また時間の先後も関係ありません。

そうであっても仮契約も契約である以上、債務者たるパウエル投手には契約を履行する義務が発生しています。

この問題に関してはパリーグ事務局で裁定されるでしょうが、法律的に触れないなら何をしても構わないとするソフトバンクの態度はいただけません。

これではかつてのホリエモンや村上ファンドと何ら変わりません。

ソフトバンクは大企業として、世間に範を示す社会的責任を負うべきでしょう。

category: 芸能スポーツ

thread: スポーツ - janre: ニュース

tag: パウエル  オリックス  ソフトバンク 
tb: 0   cm: 0

一発コピー?ボックス

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。