偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『チベット白書―チベットにおける中国の人権侵害』 英国議会人権擁護グループ (日中出版)  

チベット白書―チベットにおける中国の人権侵害 (チベット選書)

チベット白書


先日のサンデープロジェクトで、中国当局者との討論が放送されておりました。

田原総一朗氏が総合司会の番組ですから、どうせ中国寄りの番組制作になっているだろうと思いBGM的に聞き流しておりました。

ずっと背を向けてパソコンに向かっていた私を、一瞬だけ振り向かせた場面がありました。

外交評論家の岡本行夫氏がチベット問題に触れた場面です。

その時の中国当局者の激しい反論、いや激昂ぶりは見ものでした。

そこでの反論要旨は以下の二つです。

チベットは13世紀から中国の一部であり、それは歴史上証明されている。

従ってチベット問題は内政問題である。

チベットではかつて農奴制が敷かれており、厳しい封建制度の下チベット人は人権を弾圧されていた。

それを中国が開放したのである。


これが中国チベット支配を正当化する公式見解である。

何も知らない人には反論の術もないだろう。

100パーセント鵜呑みには出来ないが、かといって確たる反論の自信もない。

記憶が風化するにつれ、ぼやっとしたイメージだけが残る。

これこそ中国側が仕掛ける洗脳工作である。

そんな洗脳工作に引っかからないための書が、冒頭紹介したチベット白書―チベットにおける中国の人権侵害 (チベット選書)です。

非常に的を得た書評を、文芸評論家の加藤弘一氏がブログで公開しております。

是非参考にしていただきたいと思います。
http://booklog.kinokuniya.co.jp/kato/archives/2008/04/post_105.html

category: おススメ本

thread: チベット問題について - janre: 政治・経済

tag: チベット  中国  洗脳工作 
tb: 0   cm: 0

産経新聞が、チベットを報道させない情報封鎖システムを突破!  

ようやく産経新聞が、長野聖火リレーにおける中国人留学生の非行ぶりを報道しました。

見出しは、4.26長野 舞台裏

既に1週間以上経っており遅すぎる感も否めないが、この真実を報道するには相当な軋轢があったものと想像します。

その想像の根拠は西村幸佑氏の言う、日本国民にチベット問題を知らせることを拒む「何か」、一種の情報封鎖システムです。(参考記事=「もう一つの「聖火リレー」~北京五輪の透視図 西村幸佑」

日本でも韓国と同様のことが起こっており負傷者も出たとの情報が、ネットではとうの昔に出回っておりました。

私が単に無知なのかもしれないが、大手マスメディア長野聖火リレーにおける中国人の傍若無人ぶりを報道したのは昨日の産経新聞が初めてでしょう。

朝日新聞を初めとする、他の大手マスコミの今後の動向に要注目です。


長野聖火リレー その裏で起きていた出来事 中国人による事件が多発~産経新聞2008.5.4 21:46

category: 中国問題

thread: 報道・マスコミ - janre: 政治・経済

tag: 長野聖火リレー  報道  マスコミ  朝日新聞  産経新聞  チベット  中国 
tb: 0   cm: 0

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。