偏向報道ステーション23

政治社会ニュースについて朝日新聞やTBSに代表される反日メディアの偏向報道・反日洗脳をズバリ暴きます!そのほかスポーツ・芸能・2ちゃんねる・身近な生活情報など話題盛りだくさん!

  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

イスラエルのガザ攻撃における偏向報道  

日本のジャーナリズムがイスラエル・パレスチナ問題を伝えるとき、決まってパレスチナへ肩入れした報道になるのは何故だろう?

今回のイスラエル・ハマス戦争の責任は、第一義的にハマスの側にある。

クリスマスイブの深夜ガザ地区からイスラエルへ、ミサイルと迫撃砲を約100発も撃ち込んだのである。

その後イスラエルが猛反撃し、日本国内のニュースでよく耳にする、「最初に犠牲になるのは子供です」といった事態に。

しかしこれだってハマス側がわざわざ教会とか学校とかに武器を隠し持ち、民間人を人間の盾にした結果である。

ハマスとは早い話イスラム原理主義者であり、彼らは女子供をテロリストに仕立て上げ自爆テロを行わせている、情け容赦ない反社会的集団だ。

それでもイスラエル政府は、ハマスを含むパレスチナ自治政府の存在を認め、話し合う姿勢は一応は見せている。

しかしハマスは「イスラエルを地図上から抹消する」と息巻いているわけで、交渉の余地すらない。

イスラエルは自存自衛の戦争を戦っているだけなのだ。

にもかかわらず日本では、このような論点は殆ど指摘されず、非常に偏ったハマス寄りの報道ばかりが目立つ。

何故なんだろう?

私なりに考えた結果、イスラエルの自存自衛の戦争を認めることは、ひいては東京裁判史観の否定に繋がる。

そしてイスラエルを戦前の日本に、ハマスを朝鮮半島や中国に暗に見立て、イスラエルの行動を否定することが戦後レジュームを一層強化することになる。

中山発言を否定し、田母神論文を批判し、そしてイスラエルを非難する。

戦後マスコミの一貫した報道姿勢の表れと見るのが、正しい見立てではなかろうか?

category: 偏向報道

thread: 報道・マスコミ - janre: 政治・経済

tag: イスラエル  ガザ  マスコミ  偏向報道 
tb: 0   cm: 1

現在位置

大手マスメディアの反日報道に警戒すべし

カテゴリー

スポンサードリンク

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログランキング

ユーザータグ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。